金融機関を偽装して郵送されるCD−ROMにご注意ください!!
お客様へ
 今般、他の金融機関様にて「インターネットバンキング」をご利用されているお客様に対し、当該金融機関を装って「CD−ROM」が郵送され、お客様がその「CD−ROM」をご自身のパソコンにインストールしたところ、預金口座から身に覚えのない振込がなされていたことが判明しました。
 当組合では、ネットワーク社会の信頼性を損なうこのような悪質且つ卑劣な犯罪に対しては、早期に犯罪の全容が明らかとなりお客様に安心してお取引いただけるよう、警察当局の捜査に全面的に協力してまいります。
 現在「インターネットバンキング」をご利用中のお客様も、今後ご利用を検討中のお客様におかれましても、同種の被害に遭わないよう、インターネットバンキングを安全にご利用していただくために、下記の点にご注意ください。
@
当組合では、平成15年7月より「CD−ROM」でインターネットバンキングのソフトウェアをお送りすることは一切行っておりません。
万一、当組合名で「CD−ROM」が送付されている場合には、絶対にパソコンに挿入することのないようご注意いただくとともに、お取引店または最寄の当組合各部店へご連絡ください。
A
口座の取引明細や残高、登録状況はこまめにご確認いただき、身に覚えのない不審な取引が認められた場合には、直ちにお取引店までご連絡ください。
今回の事例以外にも、他の金融機関様では、お客様のパソコンにスパイウェアを侵入させパスワードを盗むなどして不正に振込出金するといったケースが報告されています。
心当たりのない電子メールやフリーソフトのダウンロード等には十分ご注意ください。
又、ご利用のパソコンにスパイウェアが組み込まれていないか定期的にご確認ください。
B
C
図書館やインターネットカフェ等の不特定多数の人が触れる機会のある場所に設置されているパソコンを利用して、インターネットバンキングを行わないようにご注意ください。